関節炎・炎症・免疫とキャッツクロー

関節炎・炎症・免疫とキャッツクロー

関節痛やリウマチに効果があると話題の薬用植物キャッツクローは、グルコサミンやコンドロイチンとどう違うの?

関節痛やリウマチに効果があると話題の薬用植物キャッツクローは、グルコサミンやコンドロイチンとどう違うのか、こちらの記事ではそれぞれの働きをまとめています。
キャッツクローのちから

キャッツクローの成分が免疫バランスを整える

キャッツクローの抽出成分には免疫機能を正常にする働きを持つイソテロボディンをはじめ、6種類以上のアルカロイドを含んでいます。このキャッツクローのアルカロイドが身体の免疫組織を刺激することで、免疫機能が活性化され、身体に侵入した細菌などを繁殖させない働きを高めてくれるのです。
キャッツクローのちから

キャッツクローが炎症を抑制することができることが研究で明らかに!キャッツクローで炎症を鎮める効果を解説!

キャッツクローには“関節痛を和らげる”“免疫バランスを整える”ちからがありますが、もう一つ注目されているのが“炎症を鎮める”ちからです。気になるキャッツクローと炎症の関係について詳しく説明していきます。
キャッツクローのちから

キャッツクローは様々な研究結果で関節炎・リウマチなどに効果がある事が明らかに!研究結果や体験談をご紹介!

アマゾンの先住民族達は関節炎・リウマチなどの抗炎症用を始め、様々な症状にキャッツクローを伝承薬として使用してきました。これらは様々な研究結果により、関節炎・リウマチなどに使用してきたことが正しかったことが証明されています。