ペルー

マカとは

高品質のマカが育つ秘訣は原産国ペルー・フニン県の激しい気温差が関係しています。

価値あるマカが育つペルー・フニン地域は朝は氷点下でマカに霜が付く程ですが、日中は20℃を超えます。この気温差が栄養豊富なマカが育つ要因になっているのです。
マカのちから

産地によってマカの効果が変わる?マカの専門家に聞いたマカの産地に関するQ&A

マカは育つ環境によってからだに働きかける二次代謝産物という成分に差がでることが分かっています。産地に関する疑問をマカの原産国ペルーで活躍するマカの専門家に聞いてみました。

研究所について

ヤマノ天然素材研究所は、専門家の先生方に顧問としてご協力いただき、ハーブがどのように体に作用するのかなど、専門家の目から見る天然素材の持つ力を解説するサイトです。ペルー現地の様々な分野の専門家と人脈を持つヤマノだからこそできる、貴重な情報をお届けしていきます。
マカとは

マカはどうやって成長する?

女性の妊活やホルモンバランスを整えることに人気のマカ。標高4000メートルで育つ高原野菜はどのような場所で、どのように育つかご存知ですか?原産地で栽培実績のあるヤマノがマカの成長をレポートします。富士山より高い標高で育つマカの栽培は、天候にも大きく左右されますので容易ではありませんが、厳しい環境で本物のマカは育ちます。
マカとは

女性は妊活や更年期、男性は滋養強壮、精力増進にも!マカの効果を求めるなら、選ぶポイントは産地にあります。

ペルー原産のマカは、サプリメントとしてはもちろんですが、スーパーフードとして欧米をはじめ、世界的に注目されています。注目される理由は、マカにしか含有されていない独自の栄養成分が様々なお悩みに効果があるからなのです。
マカとは

南米ペルーの厳しい環境で育つ根菜マカ!ホルモンバランスを整える効果の秘密はマカ特有の有効成分にあります。

マカは『完全食』とも言われるほどアミノ酸や鉄分、カルシウムをはじめとするミネラル類を豊富に含んでいます。高地でも育つ事から現地に住む人々の貴重な栄養源であると同時に、様々な体の症状の回復に良いハーブと言われ、古くから薬を代用する高機能栄養食品として愛されています。
キャッツクローとは

関節痛や抗炎症に最適!南米アマゾンに生息する副作用のない薬用植物として世界で注目の「キャッツクロー」とは?

キャッツクローの樹皮には植物性の有効成分が多数含まれており、中でも特に優れた抗炎症作用が特徴で、約2000年もの昔から現地の住民の間では伝統的な薬用植物として重宝されてきたハーブでもあります。

トップページ

ヤマノ天然素材研究所では、南米ペルーの天然素材マカとキャッツクローの効果・効能を分かりやすく解説しています。マカと妊娠との関わりから日常役立つコラムを掲載しています。